定年退職のお祝いって何がいい?

定年退職する両親にペアな貴金属を贈ろう

今の時代働かれているのは男性だけではなく女性も多いです。
母親の定年退職の時に何をプレゼントすれば良いかと言いますと、ペンダント等はいかがでしょうか。

 

ペンダントと言っても高級すぎる物だと負担が大きいので、記念に残る綺麗な物が良いと思います。
ギラギラと輝いた宝石が散りばめられた物より、上品さを追求したペンダントや貴金属を
プレゼントするときっと定年退職された母親も喜んで貰えると思います。

 

このような貴金属製品は、肌身離さず身に着ける物ですから、
プレゼントとして贈ればずっと記念に持ち歩ける事が出来ます。
ちょっとこういったプレゼントは恥ずかしいと思う方もいるかもしれませんが、
記念品として素晴らしい物になると思います。

 

場合によっては定年退職されたご両親に色違いのペアで贈る事も可能なので、
アイデア次第でさらに素敵なプレゼントになるでしょう。

 

ペンダントなどの貴金属は如何にも高級品という物ではなく、
想いが詰まった物や意味が込められた物の方がお薦めです。

定年退職をした人に長生きしてもらおう

定年退職をしたら運動をしなくなる人もいますから、
いつまでも健康に長生きしてもらいたいので、そのようなプレゼントがお薦めです。

 

例えばどのような物が良いかと言いますと、ウォーキングシューズだったり、
帽子だったり運動するために着用する物が良いですね。
それ以外にも汗を拭くためのタオルや水分補給のためのペットボトルホルダーも良いですし、
冬用のグッズもまとめてプレゼントすると親切かもしれませんね。

 

定年退職してしまうとどうしても外出する機会がなくなり、
運動不足になりがちですから、こういったグッズは嬉しいと思いますよ。

 

家の中で運動する機械もありますけど、外での運動用のグッズがお薦めですね。
そちらの方が気分的にも明るくいられますし、長く続けてもらえるようにしましょう。

 

定年退職したら、家の中での生活が多くなりますから、こういった物をプレゼントして、
心身共に健康にいてもらえるように願って贈り物をしてみませんか。
きっと喜んでもらえる物になると思います。

アウトドア好きの定年退職の人に贈る物

アウトドアな方への定年退職のプレゼントはどうしたら良いでしょうか。

 

趣味が分かっているのなら、それに合わせたグッズをプレゼントするのがベストだと思います。
しかし、趣味を知らない場合だと、どんな物を贈ろうかと迷ってしまいますよね。

 

事前に聞くのも良いのですが、サプライズプレゼントならそうもいかないので、
調査せずにプレゼントを贈るのならこんな物が良いでしょう。
アウトドアな人には、外で着用できるウィンドブレーカー等のアウター、
持ち歩き用のバッグのディバッグ等がお薦めだと思います。

 

定年退職された両親にプレゼントする場合でも上記の物でも構いませんし、
釣りでもゴルフでもトレッキングでも使えるグッズとなっていますよ。

 

結局は、相手の趣味を知らなくても共通で使える便利グッズは重宝するので、とても有難いものです。
一応カラーやデザインもありますので、できるだけ好みに合わせた方が良いですよ。
定年退職されたアウトドア好きの方には、身の回りの物を贈ると良いと思います。

 

 

定年退職プレゼントの選び方
迷っているなら、こちらのサイトを参考にされては、いかがでしょう?

定年退職する人への餞別の金額

定年退職する人への餞別の金額はいくらくらいがいいのか気になるところです。
また、選別を連名や個人で渡す場合、どのようにすればいいのでしょう?

 

退職する人に贈る餞別の金額はできるだけ相手に気遣いをかけない金額が理想的。
一般的な相場としては、個人では3,000円から5,000円くらいが妥当な金額です。
また連名で餞別をする場合は、1,000円から5,000円くらいが相場になります。

 

職場で連名にて餞別を渡すときには一人当たり1,000円から5,000円あたりが平均的。
無理のない範囲内というのが基本になります。
但し金額はあくまでも目安。
連名の場合、職級に応じてある程度差をつけるというのが普通です。

 

餞別として定年退職する人にお金を贈る場合

個人では一人当たり3,000円から5,000円 が一般的。
特に親しいときやお世話になっている場合はもう少し高くなります。
そうした場合は、餞別の金額の相場は5,000円〜30,000円くらいに跳ね上がります。

 

定年退職する人に餞別を渡す時は、個人でも連名でものしを書いて贈るのがマナーです。
そして水引の上に御礼と記し、御餞別や定年御祝などとは書かないようにしましょう。

 

水引は紅白の蝶結び。
送り主の名を水引の下に書くのですが、連名の場合は一同と記します。
連名の場合、複数の個人名を書くことになりますが、その際は左から右の順番に肩書きのある人から優先して書き入れていきます。

 

定年退職する人への餞別の金額は、個人の場合と連名の場合で相場は変わってきます。
いずにせよ妥当な範囲で、退職される方の負担がかからないように注意しましょう。